coFFee doctors – ドクターズドクターズ

INTERVIEW

クリニックF

レーザー医

藤本 幸弘

テーマはレーザー医療の応用

レーザー・光治療を専門としたクリニックF院長の藤本幸弘先生。レーザー医療で「肌を若返らせる」治療を行う傍ら、医学博士、工学博士、薬学博士そしてMBAの資格を活かし、レーザー医療の可能性追求に挑戦しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3

レーザー治療医以外の顔

-クリニックFの特徴を教えてください。

現在欧米では「Energy-Based Medical Devices(EBMD)」と呼ばれる、医療用に開発されたエネルギーを肌に照射する機器が次々と研究・開発され、照射方法の検討や議論が行われています。そして、効果にも医療的な根拠づけがなされています。光やレーザー、ラジオ波、プラズマなど適応・応用されるエネルギーも多岐に渡ります。

クリニックFは、このEBMD専門クリニックです。毎年春に、エビデンスのある最先端の機器がさまざまな学会でデビューします。その中から、自分の納得いくものを買い付けて揃えています。これらの機器でレーザーや光を照射することで肌を刺激し、コラーゲンやエラスチンなどを増やし、患者さん自身の遺伝子再発現に導いています。つまり、治療で用いているのは「肌を数年若返らせる」「若かった時の肌質に戻す」技術なのです。

そのため、レーザークリニックでよく連想される「シミ、ほくろ、イボ取り」「脱毛」「アートメイク除去」といったことは、ほとんど扱っていません。強いて言えば「肌を若返らせる」過程で数年前にはなかったシミを徐々に徐々に剥がし、昔の肌に戻していくーーというような施術は行いますが。

カウンセリングではこうしたクリニックの概念から説明していますが、たいていの患者さんはすでにブログやFBなどでクリニックの理念を御存じですので、よく理解してくださっています。

-藤本先生は美容クリニックの医師として医学博士を持っている以外に、工学博士、薬学博士そしてMBAもお持ちです。その理由は?

光やレーザーにより肌を若返らせる臨床や研究は、特に21世紀に入ってから米国を中心に、急速に発展してきました。多くの論文や、英語での専門機器雑誌も発行されています。そしてレーザー光治療に関する医学、工学、薬学の専門分野は多岐にわたっています。

そのため、私もより多角的にレーザーに関連した分野を学びたいと思い、10年かけて医学博士、工学博士、薬学博士、そしてMBAを取得してきました。

-現在は、どのような働き方をされているのですか?

現在は月に10日間クリニックFで医師として働いています。そして大体10日間、研究者として海外での講演や研究室での研究に当て、残りの10日間は「医療構想」というものに取り組んでいます。

研究や海外講演では毎年、世界のレーザー医学会に新しい治療法を提示・紹介しています。そのような活動の中で、2005年に発表した論文「アジアンスキンの肝斑に対するQスイッチヤグレーザーピーリングとLEDの併用治療法」は、ヨーロッパ・アジア諸国で「フジモト・プロトコール」の名前で広まりました。

  • 1
  • 2
  • 3

PROFILE

藤本 幸弘

クリニックF

藤本 幸弘

クリニックF院長
神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部に入学するも、医師を志し信州大学医学部に入学。卒業後は東京大学麻酔科学教室に入局。同大学医学部附属病院にてレーザー機器による治療に出会い、レーザー機器、そして光学治療器を扱う医師になることを目指す。米国レーザー医学会Fellow、東京大学大学院医学系研究科医学博士課程修了、東海大学大学院総合理工学研究科後期博士課程修了、慶應義塾大学大学院薬学系研究科後期博士課程修了、2007年にクリニックFを開業、現在に至る。

↑