coFFee doctors – 記事記事

記事

2021.09.14 | 東北

自らの経験を活かし岩手県の医師偏在を解消したい

沖縄県で救命救急科、福岡県では小児科、そして長崎大学で感染症を学び、内科医として地元・岩手県で地域医療に従事した後、岩手県保健福祉部医療政策…続きを読む

内科医 高橋 宗康

2021.08.31 | 東北

地域で「幸せな人生だった」と言える人を増やしたい

医学部在学中に結婚、出産した遠藤芽依先生は、育児でキャリアを中断することなく初期研修を修了し、現在は福島県立医科大学で家庭医の道を歩んでいま…続きを読む

家庭医 遠藤 芽依

2021.08.17 | 東北

地域を超えて家庭医が増える・成長する働きかけを続けたい

福島県喜多方市で、地域に根差したプライマリ・ケアに邁進している、家庭医の豊田喜弘先生。臨床医としてだけでなく、医学生の育成や「若手総合診療医…続きを読む

家庭医 豊田 喜弘

2021.07.12 | Hope

体外灌流で日本の移植医療の未来を切り拓きたい

移植医療において、ドナー不足は大きな課題となっています。その問題を解決するため、欧米を中心に研究が進められているのが「臓器灌流」です。後藤徹…続きを読む

消化器外科 後藤 徹

2021.07.06 | 東北

医療の非効率を改善、患者のアウトカムにつなげたい

東北大学病院集中治療部講師として、臨床の最前線で活躍されている志賀卓弥先生。彼の持つもう1つの顔は、株式会社エピグノの取締役最高医療責任者(…続きを読む

集中治療医・麻酔科医 志賀 卓弥 

2021.06.29 | 東北

秋田全県の重症患者の命をもっと救いたい

秋田大学医学部附属病院高度救命救急センターの救急医として活躍する佐藤佳澄先生。同院総合診療センターの特任助教として研究や教育にも携わりながら…続きを読む

救急医 佐藤 佳澄

2021.06.22 | Hope

教育は自分の天命。「医学教育」の輪を広げる

「医局員に腹腔鏡手術を教えてほしい」。オファーを受けた磯部真倫先生が、新潟大学医歯学総合病院に赴任したのは2013年のことでした。それから7…続きを読む

産婦人科医 磯部 真倫

2021.05.25 | Hope

「医療×物語」ナラティブの力で患者さんの幸せを支えたい

2020年4月、コロナ禍で危機的状況に陥っている芸術家の方々を支援するため、若手医師・医療福祉・まちづくり関係者を中心に立ち上げた「R…続きを読む

家庭医 年森 慎一

2021.04.27 | Hope

マイノリティ・ケアで、全ての人が自らを肯定できる社会にしたい

医師9年目の久保田希先生は、家庭医としてマイノリティのケアに力を入れています。「全ての人が自分のあり方を肯定して生きていける社会」をつくるた…続きを読む

家庭医 久保田 希

2021.04.19 | 東北

全ての医師にジェネラルマインド醸成を目指して

福島県立医科大学の會田哲朗先生。総合内科医を志し、沖縄で地域医療など総合診療の経験を幅広く積みました。2017年に母校の福島県立医科大学に戻…続きを読む

総合内科医 會田 哲朗

↑