coFFee doctors – 記事記事

記事

2024.01.23 | Hope

全ての医師が標準的な緩和医療を学べる機会の創出を

「緩和ケアポケットマニュアル」の著者であり、2023年から湘南鎌倉総合病院総合診療科部長を務める宇井睦人先生。総合診療医として臨床現場で活躍…続きを読む

総合診療医/緩和ケア医 宇井 睦人

2024.01.04 | Hope

病気の有無にかかわらず健康のサポートがしたい

長野県軽井沢町に「症状や状態、年齢じゃなくって、好きなことする仲間として出会おう」がキーワードの「ほっちのロッヂ」という一風変わった診療所が…続きを読む

家庭医 坂井 雄貴

2023.12.26 | Hope

教育・研究の要「アカデミアと医局」への所属魅力度を上げる

横浜市立大学医学部産婦人科学教室へ入局後、後期研修中の国内留学やサブスぺシャルティとして婦人科腫瘍専門医を取得後に横浜市医療局への行政出向、…続きを読む

産婦人科専門医/婦人科腫瘍専門医 鈴木 幸雄

2023.11.21 | Hope

どの施設、どの地域にいても平等に学べる機会をつくりたい

会員数2500名を突破した、手術動画を見ながら手技を学べるセミナー「OSVD(Online Surgical Video Discussio…続きを読む

産婦人科医 堀澤 信

2023.10.25 | Hope

小児がん終末期の子どもと家族が過ごす場所を自由に選べる未来をつくりたい

小児病院で小児がん治療に従事し、医長を務めていた大隅朋生先生。2020年にキャリアチェンジし、小児在宅医療の道を選びました。「迷いはなかった…続きを読む

小児在宅医 大隅朋生

2023.10.17 | Hope

クリニカルラダーシステムのアプリ化で、全国の医学教育を底上げする

ロボット手術のメッカと言われる鳥取大学医学部附属病院で、婦人科がん領域のロボット手術に力を入れている小松宏彰先生。同時に医学生や臨床研修医の…続きを読む

産婦人科 小松 宏彰

2023.10.10 | Hope

誰もが自身のマイノリティ性に苦しむ機会を減らしたい

初期研修修了直後に公衆衛生大学院へ進み、現在は企業で産業医として活動している垣本先生。同時に多様性への理解の低さに課題感を持ち「全ての人の生…続きを読む

産業医  垣本 啓介

2023.10.06 | Hope

安全に怖くなく小児麻酔を提供できる麻酔科医を増やしたい

埼玉県立小児医療センター麻酔科の藤本由貴先生は、小児麻酔科医として活躍する傍ら、SAFE(Safer Anaesthesia From Ed…続きを読む

麻酔科医 藤本 由貴

2023.09.05 | Hope

人や場所などの求めに応じて、その人の人生に伴走する精神科医でありたい

東京大学大学院博士課程に在籍する大熊彩子先生は、精神科医として思春期の子どもの成長過程を調査研究する傍ら、臨床医や産業医、在宅診療医としても…続きを読む

精神科医 大熊 彩子

2023.08.29 | Hope

地元・茨城から前進させ、日本全体を前に進める

2023年1月から茨城県議会議員を務める金子敏明先生。大学6年生の時に描いたキャリアビジョンを突き進んでいますが、医学部入学当初は将来への漠…続きを読む

内科医・茨城県議会議員 金子 敏明

↑