coFFee doctors – 記事記事

記事

2020.09.01 | Hope

緩和ケアが当たり前の社会をつくる

誰もがいつかはたどり着く終末。なぜ多くの人が「最期まで生きる」という感覚になれないのだろうか――? この疑問から、人生の最終段階に生じるつら…続きを読む

緩和ケア医 田上 恵太

2020.08.25 | Hope

目の前の専攻医たちが輝ける環境をつくる

医師14年目の岡田悟先生は現在、東京北医療センター総合診療科で指導医として、組織づくりなどを通じて後輩の育成に尽力しています。自身の成長を第…続きを読む

総合診療科 岡田 悟

2020.08.18 | Hope

治療アプリ®を通じて健康水準を向上させたい

難民を支援するNGOへの参加、そしてグローバル企業での経営企画室を経験した後、医師への道を志し、滋賀医科大学に編入した谷川朋幸先生。聖路加国…続きを読む

呼吸器内科 谷川 朋幸

2020.08.11 | Hope

青森で、メタファシリテーションによる地域づくり

医師9年目の平野貴大先生は地元・青森県で、メタファシリテーションを活用した地域づくりに挑戦しています。現在の活動にたどり着くまでには、多くの…続きを読む

総合診療医 平野 貴大

2020.08.04 | Hope

医療視点を活かし、公共空間の改善に挑む

初期研修医時代は救急医になることを考えていた氏川智皓先生。しかし、後期研修では家庭医療に進み、国境なき医師団に参加。現在は都市デザインを学ぶ…続きを読む

家庭医 氏川 智皓

2020.07.21 | Hope

家庭医が女性のヘルスケアで予防に取り組む

医師14年目の水谷佳敬先生は、総合診療科の医師には女性医療についての知識や診察スキルが必要だという考えから、家庭医として経験を積みながら、産…続きを読む

産婦人科 水谷佳敬 

2020.07.07 | Vision

ネットワークで天草を支える医師になりたい

「過疎化が進み、医療資源が乏しくなっていくことへの問題意識があった」。そう語る松本朋樹先生は、家庭医として地元の熊本県天草市を支えるべく、さ…続きを読む

家庭医 松本 朋樹

2020.06.16 | Vision

司法精神分野から精神疾患への理解を広めたい

医師4年目の小林玲美子先生は、推理小説がきっかけで司法精神に興味を持ち、法学部を経て現在精神科医として研さんを積んでいます。異色の経歴を歩み…続きを読む

専攻医 小林 玲美子

2020.06.02 | Vision

地元を拠点に先駆者として築いていく 総合診療医のキャリアパス

医師5年目の下川純希先生は、現在地元・山口県で総合診療の文化を築くために、臨床・教育・学会活動に精力的に取り組んでいます。その背景にあるのは…続きを読む

専攻医 下川純希先生

2020.04.21 | Hope

救急医のキャリアパスを若手に示す!

EM Allianceの代表幹事を務める武部弘太郎先生は、現在若手医師へ救急医のキャリアパスを示すため尽力しています。当時、新設されたばかり…続きを読む

救急医 武部 弘太郎

↑