coFFee doctors – 記事記事

記事

2019.05.14 | Vision

総合診療医を増やし、秋田県の医療を支えたい

2019年度、秋田県で家庭医療専攻医3年目になった渡部健先生。一貫して秋田県での医療に貢献したいという思いは持っていたものの、キャリアパスに…続きを読む

家庭医療専攻医 渡部 健

2019.04.23 | Hope

病院総合医を増やしたい

医師7年目の本田優希先生。長野県、東京都でトレーニングを積み、2018年4月から獨協医科大学総合診療科に所属しています。将来的には、出身地で…続きを読む

総合診療医 本田 優希

2019.04.23 | Hope

希少疾患患者を、研究を通して支えたい

小児科臨床医としてのキャリアを歩もうとしていた井上道雄先生。あることがきっかけで、医師9年目から、本格的な研究の道に進むことになりました。現…続きを読む

小児神経科 井上 道雄

2019.04.17 | Hope

航空機内医療の課題解決を目指す

医師5年目の伊藤涼先生は、航空機内医療にまつわるさまざまな課題に着目。これらの課題を解決するため、業界の垣根を超えて活動を始めました。また、…続きを読む

総合内科/救急科 伊藤 涼

2019.04.08 | Hope

人生最期の「旅行」を叶える医師になりたい

医師6年目の伊藤玲哉先生。2019年3月まで昭和大学麻酔科に所属していましたが、4月から新しい1歩を踏み出しました。どのようなことに挑戦する…続きを読む

伊藤 玲哉

2019.04.02 | Hope

日本版ホスピタリストを確立したい

医師10年目の森川暢先生は、小規模病院における病院総合医の役割を模索、実践してきました。日本版ホスピタリストの確立を目指す森川先生の次なるス…続きを読む

総合診療医 森川 暢

2019.03.29 | Vision

世界中の子どもたちに多様な選択肢を

医師4年目の古東麻悠先生。子どもの頃の経験から小児科医を志し、現在後期研修中です。同時に、病院外での活動も精力的に行い、両方にやりがいを感じ…続きを読む

小児科後期研修医 古東 麻悠

2019.03.26 | Hope

良い医療を提供し続ける女性医師を支えたい

医師13年目の木村奈津子先生は、臨床医、医療ベンチャー企業での事業参画と並行して、新たに女性医師を支えるための「JOYLABO」というコミュ…続きを読む

耳鼻咽喉科 木村 奈津子

2019.03.08 | Hope

千葉県の小規模病院で、地域の患者さんを支えたい

医師7年目の村山愛先生。村山先生は学生時代に家庭医を志し、千葉県内の勤務先で自ら家庭医療研修プログラムを立ち上げました。村山先生は千葉県で家…続きを読む

家庭医療専攻医 村山 愛

2019.02.27 | Vision

日本でプライマリ・ケアの価値を示し目指すこと

医師3年目の島津真理子先生は、幼少期を海外で過ごし、現在は手稲渓仁会病院 総合診療科専門研修プログラムを受けています。日本でプライマリ・ケア…続きを読む

後期研修医 島津 真理子

↑