coFFee doctors – ドクターズドクターズ

INTERVIEW

東京大学医学部附属病院

小児科

山口 有紗

つまずいても、何度でもトライできる社会を!

高校を辞め、英国でのボランティアを経て大学受験、就職活動の結果、医学部に編入して、2014年の4月から医師として働いている、一人の20代女性がいます。「頑張りきれないときにサポートする仕組みを、日本や世界で作るのが、ここ10年変わらない目標だ」という山口先生。先生がどんな思いで活動されてきたのか、これからどんな医師を目指すのか、コーヒーを片手にぜひ聞いてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3

高校を辞め、9.11の影響から渡英

先生は「何度もトライできる社会を世界中で作る」という目標を10年間お持ちだとお聞きしました。はじめは何がきっかけだったのでしょうか?

高校1年生のときに、家庭の事情で親と住むことができなくなり、思春期の葛藤や若気の至りで退学しました。
にっちもさっちもいかない閉塞感の中で暮らしていた中、自分と同じように学校に通わない人達が、私を外の世界へ連れ出してくれました。キラキラしたバイクに乗る元暴走族のお兄さんに出会い、そこで繋がった人達に誘われ、ごはんや銭湯に行っていたのです。その繋がりの中で、偶然起きた事情から、そのまま転げ落ちるように生きていく事の辛さを知りました。
その最中、9.11が起こりました。驚き、悲しみや疑問、そして今の自分から逃げたいという思い。居ても立っても居られなくなりました。周りからの大反対を押し切り、
親から学費として渡されていたお金で渡英しました。事件が起こった米国ではありませんでしたが、とにかくこの世界の大事件を自分ごととして捉えている場所にいきたいと強く思ったのです。

突然イギリスに渡ったのですね!現地ではどのように過ごしたのでしょうか?

英語はできないし、当然住むところも、明日からやることも何も決まっていませんでした。11月でもお湯が出ないような古いアパートを見つけ、不動屋さんと毎日戦っているうちに周りの人とも知り合いになっていきました。

そんな中、好きな工作を活かして何か役に立てたら、と閃いたのが、折り紙をリハビリに使うことでした。そこで片っ端から病院に「ボランティアをさせてほしい」と電話をかけた所、インド人のデイケアセンターでどうにかボランティアの枠に入れてもらえました。それ以来、週2−3回リハビリの時に手伝わせてもらいました。
日本では高校に通うことができなかった自分が、ロンドンでは一人でバスに乗って通う場所があることに対して、嬉しい気持ち、感謝の気持ちでいっぱいでした。

kaigai kodomo

帰国、そして京都へ

そこから、なぜ帰国に至ったのでしょうか。

1年程働いた頃、デイケアセンターでインド人の女性が、一人切手を集めていました。脳性麻痺があり、車椅子での生活をしているその女性は「インドには足が動かず、車椅子を買うことができない人がいると知った。自分は働く事ができないので、せめて切手を集めて寄付しようと考えた」というのです。それを聞いて、社会復帰のため居場所を見つけることに満足している自分に気づきました。

自分は「情熱だけしかないただの17歳」だったのです。これではいけない。五体満足で生まれた自分の力を最大化するには、ロンドンに住み続けるよりも、日本人として力をつける方が良いと思ったんです。ちょうどお金も尽きてきたので帰国しました。
折角なら日本を見直そうという気持ちから、直感的に京都に住む事にしました。

  • 1
  • 2
  • 3

PROFILE

山口 有紗

東京大学医学部附属病院

山口 有紗

キーワードは「子ども」「つながり」「笑顔」。1984年生まれ、静岡県出身。高校を中退後、9.11をきっかけに、ロンドンのインド人病院でボランティアを行う。帰国後は京都で働きながら大検を取得し、国際関係学部で開発支援や母子保健を学ぶ。卒後医学部に編入し、現在は新米医師として毎日を送っている。将来は児童精神科医として、子どもの心身の健康を、地域・行政・教育と連携して支えていきたいという思いを持つ。

↑