coFFee doctors – 記事記事

記事

2018.12.13 | イベント

宮城県登米市の地域医療のために、医師は何ができるのか?

2018年12月1日、「明日の医療に 医師は何ができるのか~宮城県登米市session」というワークショップが開催されました。約20名の参加…続きを読む

整形外科 中山俊

2018.12.06 | Hope

産業医として、職域保健と地域医療の架け橋を目指す

医師9年目の五十嵐侑先生は、企業の産業医として、出身地である宮城県に戻ってきました。産業医としてできることを模索し、宮城県、さらには東北地方…続きを読む

産業保健 五十嵐 侑

2018.11.27 | Hope

体系立った教育理論を学び、総合診療医育成に注力する

医師11年目の鋪野紀好先生は、千葉大学医学部附属病院総合診療科に在籍し、総合診療医育成に力を注がれています。その背景にある想いと今後の展望を…続きを読む

総合診療医 鋪野 紀好

2018.11.27 | Hope

東北地方で家庭医を志す医師を支えたい

医師7年目の島直子先生は、今年度から「みちのく総合診療学センター(宮城県)」に在籍し、家庭医療専門医を取得予定。ただ、家庭医としてのキャリア…続きを読む

家庭医 島 直子

2018.11.13 | Hope

健康的に働ける人が増える社会にしたい

医師9年目の川島恵美先生は、高校時代に産業医を志し、産業医として都内の企業に勤めています。そして最近では、臨床医をしながら産業医を始める先生…続きを読む

産業医 川島 恵美

2018.10.30 | Hope

東京と宮城県松島町を行き来する医師の考え

自宅は東京都内、勤務する診療所は宮城県松島町にある松島海岸診療所の小松亮先生。東日本大震災から4年後、思い切って宮城県での診療、そして家庭医…続きを読む

家庭医 小松 亮

2018.10.23 | イベント

「社会を良くしたい&医療を良くしたい」人が集まる交流会

2018年10月5日、医療者とイノベーションを起こそうとしている起業家たちの交流会が開催されました。100名超の参会者が集まり、それぞれに取…続きを読む

循環器内科 木村 一貴

2018.10.16 | 医療課題

予防医学のモデルに。竹富島の「ぱいぬ島健康プラン21」とは?

2017年11月に厚生労働省主催「第6回 健康寿命をのばそう!アワード」の生活習慣病予防分野で、厚生労働大臣最優秀賞を受賞した「ぱいぬ島健康…続きを読む

石橋 興介

2018.10.04 | Hope

救急も担える家庭医として、埼玉県の医療を支えたい

医師13年目の遠井敬大先生。家庭医ですが医師10年目の時、埼玉県で救急科に勤務されていました。家庭医として救急医療の現場も経験した背景には、…続きを読む

家庭医 遠井 敬大

2018.09.28 | Hope

AIを活用し、世界中の医療課題を解決したい

医学部5年生から4年の歳月をかけて、人工知能(AI)を活用した症状チェックアプリケーションを開発した阿部吉倫先生。それをきっかけに医師3年目…続きを読む

Ubie株式会社 代表取締役医師 阿部 吉倫

↑