coFFee doctors – 記事記事

記事

2020.12.01 | 東北

精神科患者への偏見・固定観念をなくしたい

自己肯定感が低く、「医師」に対してモチベーションが上がらなかったという加賀谷隼輔先生。患者さんたちとの出会いを通して意識が変わり、現在は「精…続きを読む

精神科 加賀谷 隼輔

2020.11.17 | Vision

プライマリ・ケアを築いた先輩方の意志を後輩につなぎたい

鹿児島大学医学部を卒業後、沖縄県立中部病院での研修初日にプライマリ・ケアの道に進む決意をした石坂真梨子先生。医師6年目の石坂先生は現在、沖縄…続きを読む

プライマリ・ケア専攻医 石坂 真梨子

2020.11.10 | Hope

米国以外への臨床研修を成し遂げる方法を伝えたい

小児外科医の清水徹先生は、南アフリカやオーストラリアといった国々での臨床研修を実現させました。アメリカ以外の国へ臨床研修する道があることを伝…続きを読む

小児外科 清水 徹

2020.11.06 | Hope

千葉県鎌ケ谷市で在宅医療の土台をつくる

東京医療センター血液内科専門医を取得後、医師8年目で「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長として、在宅医療に取り組み始めた細田亮先生。もとも…続きを読む

血液内科・総合内科 細田 亮

2020.10.06 | 東北

研究・産業保健・社会活動を循環し、地域を豊かにしたい

福島県立医科大学 医学部 衛生学・予防医学講座の助教として、社会医学分野の研究と医学生教育を行いながら、地域企業の産業医業務にも従事する遠藤…続きを読む

社会医学系専門医 遠藤 翔太

2020.09.29 | 東北

地域病院発の疫学調査に携わる医師を増やしたい

医師15年目の目時弘仁先生は現在、自ら調査研究を立ち上げ取り組む傍ら、東北地方で病院に根ざした疫学研究を担える人材の育成に力を注いでいます。…続きを読む

衛生・公衆衛生学 目時 弘仁

2020.09.15 | Hope

家庭医として診療科の隙間を埋める

家庭医の中山明子先生は、滋賀県大津市にある大津ファミリークリニックで、ウィメンズヘルスや思春期、発達障害の子どもたちの診療・治療に取り組んで…続きを読む

家庭医 中山 明子

2020.09.01 | Hope

緩和ケアが当たり前の社会をつくる

誰もがいつかはたどり着く終末。なぜ多くの人が「最期まで生きる」という感覚になれないのだろうか――? この疑問から、人生の最終段階に生じるつら…続きを読む

緩和ケア医 田上 恵太

2020.08.25 | Hope

目の前の専攻医たちが輝ける環境をつくる

医師14年目の岡田悟先生は現在、東京北医療センター総合診療科で指導医として、組織づくりなどを通じて後輩の育成に尽力しています。自身の成長を第…続きを読む

総合診療科 岡田 悟

2020.08.18 | Hope

治療アプリ®を通じて健康水準を向上させたい

難民を支援するNGOへの参加、そしてグローバル企業での経営企画室を経験した後、医師への道を志し、滋賀医科大学に編入した谷川朋幸先生。聖路加国…続きを読む

呼吸器内科 谷川 朋幸

↑